サイトマップ

印刷

校章・沿革・校歌

○校章の由来
 本校の校章、昭和10年に創立された本校の前身校・東京士杉並高等学校家政女学校の時代に制定されました。純白で清新な六方昌系の雪を背景にして、中心に真紅の梅一輪を描き、情熱と誠実を表している。
 厳しい冬の名残の雪の中で、他の花に先駆けて花を開き、春の到来を告げる梅の花は、理想を追求する開拓者精神そのものであり、その凛々しい気品のある姿から、古来、学問への志を象徴する図柄ともされてきた。
 中心の梅の花から周辺に伸びている六本の杉の木は、杉並という地名を表すとともに、中国の古典「小学」に「六徳(りくとく)」として説かれている「礼仁信義勇知」という、人間が自分を磨いていくときの六つの徳目を示している。


○沿革
平成19年 4月 1日
東京都立荻窪高等学校定時制課程(単位制)開課程(校長 青山彰)
平成19年 4月 9日
定時制課程 第1回入学式挙行
平成19年11月23日
開課程記念式典挙行
平成22年 3月 5日
定時制課程 第1回卒業証書授与式挙行
平成22年 3月 6日
定時制課程(学年制) 閉課程記念式典挙行
平成28年10月 1日
定時制課程(単位制)開課程10周年記念式典挙行


○校歌(音源は関連リンクをご参照下さい)
【歌詞】
この空に この町に みどりの風が 吹いている
むさし野の おおらかな 季節の歩みと 共にある
おお荻窪 荻窪高校
 
この町に この庭に ひかりの花が 咲いている
校章の 梅と杉 こころは友への 思いやり
おお荻窪 荻窪高校
 
この庭に この窓に きずなの歌が 響いている
青春の語らいは かがやく未来の 道しるべ
おお荻窪 荻窪高校

 
【楽譜】
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-7-20
電話 : 03-3392-6436 ファクシミリ : 03-3398-3284